ジェイセバーVS小浦

ジェイセバーは今年、WBC王者ワンヒンとノンタイトル6回戦をやった選手じゃないかな?ゴングが鳴って、右フックを振る姿を見てそう思った。違ったらすみません。

どうせいつものミニマム級王座決定戦恒例(ミニマム級王座決定戦で日本人が新王者にならなかった例は無いかも?)、小浦が勝つだろうと甘く見ていたが、もし同一人物なら危ないかも。

ワンヒン戦ではWBC王者相手に番狂わせを起こそうと気迫に溢れ、長い右アッパーが厄介なサウスポーだったからだ。

繰り返しますが別人だったらごめんなさい。

小浦はいつも通り小気味良いボクシングを展開。細かい左を突いて右を上下に打ち分ける。

ジェイセバーは右アッパーからの左ストレート、左フックを小さいながら強振して対抗。

試合が動いたのは4ラウンド、小浦の右が次と当たり、ラウンド終了間際、両者接近したらジェイセバーは倒れていた。私の席からは分かりにくかったのだが小浦の体勢とジェイセバーの倒れ方から、多分、左ボディ。

小浦、タイトル獲得。

先日、IBF王者になったばかりの京口がこの試合の前にベルト獲得の挨拶をしていた。

小浦は挑戦したいだろうな。