飛騨一宮水無神社は水の営みを感じる穏やかな神社岐阜県

東海地方岐阜県のパワースポット

続いての聖地は〜

飛騨一宮水無神社へまいりましょう〜

御祭神

水無神みなしのかみとして

御年大神みとしのおおかみ

住所

岐阜県高山市一之宮町5323

0577-53-2001

地図はこちら

わ!さすが一宮の風格。

なんか入り口から堂としてる!

ゆとりを感じますね〜。笑

天下泰平と五穀豊穣を祈願する

飛騨の大祭が有名な神社なんだね。

あら?

なんだか、狛犬さんがユニーク。笑

まだ、真新しい。

そして、樹齢およそ800年という

巨大な杉の木がむかえてくれるよ〜。

っていうか

なんかへんじゃない?

あっ!!足がない。

根の部分がないから、土管みたい〜。笑

ザックザック〜

ここ、玉砂利が積もってるようにいっぱいあって、雪の上みたい。

玉砂利の感触すき〜

左手には、飛騨の百姓一揆と因縁のあるという絵馬殿があるよ〜。

こちら、拝殿でもあるんだって。

案内板ですっ

さぁーてっ

右手には〜

うわっ!なにこの木?!

ねじの木さん〜

うわわわぁぁ〜〜〜!

ぐるぐる〜ぐるぐるぐる〜

すごい、生きてる〜。エネルギーまわってる〜。

このうねりの模様が

そのままエネルギーとして動いてる感じ。

おもしろーい。

伝説の木ねじの木

水無神社の境内の絵馬殿の傍らにあったもので、自然の作用でねじまがった珍しいヒノキです。

このねじの木に似せたこくせんという飛騨の伝説的な駄菓子がつくられ、お正月参拝者のお土産になっています。

えぇえぇ〜!?

この木、檜なんだったんだぁ。

神馬と、ご神木さ〜ん。

こちら、案内板なり。

中を覗くと

稲喰いなはみの馬

木造の神馬2頭がいらっしゃいま〜す。

それにしても境内は広〜

風が抜けて穏やかで気持ちがいいところ。

後ろの杉たちの存在で

荘厳な雰囲気に見えるけど

割と境内はおっとりとした気が流れているよ。

手水について

当地はかつて飛騨國でした。

遠い昔、日本の中央高地分水嶺位山を擁する源流の里に当國の一宮が祀られました。

伏流水を位山の雫をくみ上げています。

って、

元宮的存在が、位山にあるんだね。

調べてみたら

宮川の源流ともなる位山は

水主の神の神体山であり、水無神社の奥宮があるんですって。

そこには、巨石群があり、初期の古墳みたいで

天の岩戸とよばれ、祠もあるそうだよ〜。

その位山を遥拝するところが

御旅山御座山。

古墳状の人工丘、丘陵で

水無神社の例祭がある5月2日は、

御旅所でもあるそうだよ〜。

ふむふむ。

位山、いつか行ってみたい。

じゃぁぁ〜〜〜んっ

この奥にご本殿があります〜。

もちろん近づくことはできないので

こちらから、ご挨拶ですっ。

わぁあぁあぁ。

御本殿の方は、やっぱり空気が違う。

そして、この門のように、渋く格好いい。

意外と本殿直結!って感じではなくて

この中もガラ〜ンと広いの。

参道が本殿まで一直線に続いていて

この御本殿のまわりをぐる〜っと門で囲ってある。

あれ?!狛犬さんがおもしろい!!

バグみたいな顔かも〜。笑

左手には、およそ樹齢800年というイチョウの木があり、

古来より子授け、安産、縁結びで有名な御神木なんですって。

ぐる〜ぐる〜

ここにくると、

凛とした荘厳な空気に変わり、水分の大いなる力を感じる。

強い流れを感じる水の力というよりも

その大元となる、水を生む存在というイメージ。

堂としているけど、力が勇ましくはなく、

落ち着きもあるよぉ〜。

飛騨一宮水無神社

主祭神水無神御歳大神相殿大己貴命神武天皇応神天皇外十一柱

末社延喜式内外十八社国内二十四郷の産土神一宮稲荷白川社御母衣ダム水没の白川郷より奉遷

ご由緒

神代の昔より表裏日本の分水嶺位山に鎮座せられ、神通川、飛騨川の水主、または水分の神と崇め農耕、殖産祖神、交通の守護、として神威高く延喜式飛騨八社の首座たり。

歴代朝廷の崇敬厚く、御即位、改元等の都度霊山位山の一位材を以って御用の笏を献上する。

明治維新国幣小社に列し、旧来より飛騨一宮として国中の総社なり。

本殿以下二十余棟建坪凡七百坪は、昭和十年起工、国費を以って改築せらる。飛騨はもとより、美濃、越中、木曽に及んで分社、縁社二十余社を有する。

御祭神、水が無いと書くから

どんな神様?

っと思ったら

この水無神みなしのかみとは、川の水源をつかさどる神様という意味があるんですって。

みなし、みずなし、すいむとも読むそうなの。

水源と交通の要衝を鎮め

実りと収穫を司る作神様。

水は生命を生み、すべてを育て、実りを与えてくれる存在ですものね。

水がある所に人が住み、産業が生まれる。

その水の神様なんですね〜

さーーーって

境内には

あっ、白山神社がありますよ〜。

透き通るさやわかな気がきもちいい

真っすぐ伸びる杉に挟まれ

守られているみたい。

霊峰白山2702メートル飛騨側の山麓にひらけた集落、大野郡白川村は合掌造りの里として世界遺産に登録されていますが、その白川村大子長瀬と同福島の両集落は、昭和32年御母衣電源開発が始まり、ダム湖底に沈むことになり、氏子離散それでそれぞれの集落にあった氏神白山神社飛騨国一宮の地に御鎮座、両神社を合祀し白川神社として創建しました。

そして、ひと際明るい存在は〜

飛騨一宮稲荷神社

わぁぁあぁ

明るい軽やかなエネルギーで

気分も明るくしてくれるよ〜。

朱塗りが美しい。

この稲荷様すきすきーーーっ

っというわけで

飛騨一宮水無神社

とてもシンプルな神社という印象で

おっとりした落ち着いた空気が流れる境内でした。

荒しい水の神様というより

水が生み出す力や営みを感じるところでしたよ〜