ものは伝え方

私は宅さんに会いたいから宅さんにメールしているんです。

宅さんじゃなきゃダメなんです。

なんてことは言いません。

こんなこと言ったら、宅さんに引かれる予感がするからです

そもそも、我らの関係はビジネスパートナー的な位置づけです。

私は自分一人で宅さんは恋愛のリハビリ相手って決めているけど

宅さんはそんなことを露ほども知りません。

二人の現実的な関係はハウスメーカーさんとお客さんです。

なので、プライベート感を持ち込みつつもビジネスライクです。

ビジネスライクのやりとりは、長年会社員をやってきたので得意

知らない方がお見えになるのは、とっても気を使うので

宅さんに来ていただきたいです。と伝えました。

一人暮らしなもんでね。

いくら仕事とはいえ、名のある会社の社員とはいえ

知らない男性が家に来るって

やっぱり抵抗あるんです。

これは事実。

だから、それを

私は宅さんがいいって大義名分にしたのであります。エッヘン!

文面から私が感じた印象では、

宅さんには女性の一人暮らしだから不安という感覚はないんだろうなあって思います。

まあそうだね。

宅さんは女性ではないから。

こういう感覚のあるないの認識はすごく大事だなぁって思います。

自分にある感覚が、相手やほかの人にもあるって

ついつい、思い込んでしまいますが

ない場合も多いです。

特に、感情、感覚、感性は

男性と女性では感じ方やとらえ方がだいぶ異なります。

どちらが良いとか、悪いとかではなく

そういうもんなんだなぁって知っておくのは大事です。

今回も素敵なリハビリになりました

ayumi

広告を非表示にする